平謝理沙の平謝りさぁ

思ったことをつらつらと書いてます

「書く」について

こんにちは平謝理沙です

小学生の頃は作文を書くことすら苦手でした。
作文という形の文章では「どう思ったのか?」が重要視されているようで苦痛でした。
原稿用紙の使い方は習っても、書き方までは聞いたこともなかったです。 
原稿用紙を3枚くらい渡され、「作文を書きなさい」と宿題を先生から出されるのが苦痛でした。

中学生になり小論文という形の文章に出会ったことで書く事への苦手意識はなくなりました。
 国語の先生から「小論文は作文とは違います。意見を分かりやすく書きましょう」といわれ、簡単なテンプレートを教わりました
主題⇒なぜ⇒例えば⇒反対意見⇒だから(結論)
具体的にするならば
「りんごが好きである。なぜならばりんごは甘くて美味しいからである。例えばりんごはよく食卓に並ぶ。一方で酸味の強いりんごもある。しかしそういうりんごもタルトやパイにすれば美味しい。だからりんごが好きである。」
上のような形にはめればいいとわかったら、書くことも苦痛ではなくなりました


しかし高校を卒業すると書くことから遠ざかって行きました。

前回の自己紹介に書いた通りライターを目指すと決めたからには
書く機会を作らなければと考え、まずは口コミサイトに投稿することから始めました。
私のやってる口コミサイトは定期的にどのくらいの人に読まれているのかなど情報が来るので書く機会+必要とされている情報を教えてもらいました。

これからもフリーライターになるべく読みやすく、手にとってもらいやすい書き手を目指して日々精進します。
 
もしよろしければフリーライターのなり方など教えてくださると大変光栄ですm(_ _)m