平謝理沙の平謝りさぁ

思ったことをつらつらと書いてます

星新一 ブランコのむこうで

ブランコのむこうで (新潮文庫)

ブランコのむこうで (新潮文庫)

ショートショートの神様 星新一でしたが
長編の小説も書いていました
ショートショートの全集も持っていたくらい星新一の好きな知り合いも知らなかったです
長編作品は数が少ないのかもしれないですね

こちらの本はファンタジーで毒気がないです
いつものアクみたいなのはないです

星新一作品はこれしか知らないで、「ボッコちゃん」を読んだ時には同一人物だとは信じられませんでした

星新一ショートショート以外の一面を見たければ一読されてはいかがでしょう