平謝理沙の平謝りさぁ

思ったことをつらつらと書いてます

浅田次郎 鉄道員(ぽっぽや) 

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

こんにちは平謝理沙です

この本には高校生の時から定期的に読んでます
読むたびに好きな物語が変わっていく不思議な短編集です

好きではないのに、思い出してしまうのが「悪魔」という作品です
主人公のいい家柄の小学生が家庭教師を雇うところから話が始まるのですが…

一人称小説のためなのか、主人公が小学生のためなのか何が起きているのかよくわからないところがあり、ふと思い出してしまいます
どこか気持ち悪い話です

ふと思い出してしまうのは、私も悪魔という小説にとりつかれてるのでしょうか?


短編集ばかり紹介してますが、長編の小説も好きなので紹介していきたいです